TOPFIELD REPORT浜名湖ボートシーバスゲーム

浜名湖ボートシーバスゲーム

高木 孝  

 外洋である遠州灘と今切口で交通している浜名湖、年間を通じて釣りやマリンスポーツ等、多くの人を楽しませてくれシーバスを代表にルアーターゲットも多い汽水湖であることは東海地方在住の方ならご存知だと思います。
 私も、夜間にウェーディングで狙うシーバスゲームやクロダイ等、楽しんでいるのですが苦手意識があるのは日中のボートゲーム、特に水深の浅い表浜名湖はシーバスが居着くといった印象は薄く、雨や風などの自然条件やベイトフィッシュの動向で居場所が変わるため私の知る限りのストラクチャー狙いのボートシーバスゲームとは異なると感じています。

 そんな表浜名湖ボートシーバスゲームの魅力は何と言っても1メートルにも満たない水深でのバイトシーンとロケーション、釣りをしていたからこそ知り合う事が出来たフィールドレポートでもお馴染みの大野さんと表浜名湖ボートシーバスゲームを楽しみました。
 

 当日は夜明けを待ってからの出船、大野さんフルガイドという贅沢なもので水深は深くても2,5メートル、浅いところでは座礁しそうな水深を潮流に任せてボートを流していきます。光量の多い時間ということもありルアーはバレットやSV-70、80タイドミノー95Sを中心にローテーション、ロッドアクションを加えての釣りはシーバスに食わせたと感じる楽しい釣りができます。
 

 細身ではありますが綺麗なシーバス、アベレージサイズは50センチクラスですが回遊型のシーバスが強い引きで楽しませてくれます。

 そしてもう一つの楽しみはシーバスの居場所を見つける作業、この日はベイトフィッシュが集まるポイントと言うよりも大野さんが意識して居た流れの変化がある潮目付近で好反応を得ました。水深と流れと言うキーワードを意識して連発となりました。

 シーバスを見つけ2人で試したからこそ感じる事が出来たルアーカラーへの反応、同じルアーでもやはりカラーが違えば反応は違い時間経過とともにヒットカラーが変わっていくのも感じられ楽しい時間が過ぎていきます。
 デイゲームでは納得の60センチクラス、生簀に入れていたため黒ずみが目立ちますがこのサイズを一つのポイントではなく移動したポイントで確実にキャッチできれば自然と笑顔が溢れます。

 ロッドアクションで60センチクラスを連発させていたのですが大野さんはこのサイズでは満足できないのでしょうか?私に比べて笑顔が少ないような???
 数日後、浜名湖デイゲームでは納得の80センチアップをキャッチしたようです。
 

  ゲームフィッシングでもあるシーバスゲーム
楽しませてくれたシーバスをやさしくリリースして終了としました。
 

 使用ルアー

  テリフDC-9バレット
  SV-70
  SV-80
  タイドミノー75S

 

 


TOP