TOPFIELD REPORT秋の味覚

秋の味覚

TAKU  

 心地よい風が吹くようになり、季節は『秋本番』といったところでしょうか。思えばこちらのレポート、少々放置気味だとは思っていたら、なんと!3ヶ月も経過していました。放置した原因は今年の猛暑にあるのですが・・・

さて、秋と言えば『食欲の秋』今年は国産松茸が大豊作なんていう、秋の味覚にピッタリなニュースが流れていましたが、(我が家も外国産は頂きましたが…)そろそろ海も賑わいを見せるころ、そんなわけで今回は秋の味覚を探しにライトなタックルを持って出かけます。

まずはアジング。紀北周辺は紀淡海峡を望む場所ということもあり潮流が非常に早く、その中で育ったアジは身の締まり及び脂の乗り具合とも、まさに絶品!そんなアジを求め、春のメバル釣りで良く通ったゴロタ場から狙ってみると、思惑どおり?苦労せずに黄金色のアジが反応してくれました。
(刺身にすると、タマリ醤油の表面に脂が広がります^^)

 

これに味をしめて、再び同じ場所を訪れると
不発・・・
その代わり、春以来ご無沙汰していたメバルが姿を見せてくれました。

 

続いて
私が住む泉州地域は秋になると、人気ターゲット『タチウオ』が接岸します。
夕方になると仕事帰りの釣り人が、ルアーや電気ウキ仕掛け、ドジョウを縛ったテンヤ等、思い思いの仕掛けを持って、海岸に集まります。
私もそんな中の1人ですが、数は求めません。2匹も釣れたら即撤収です。

なぜなら、夜の食卓を飾るには十分な量ですし、なにより、釣りたてのタチウオの刺身は、味、食感共にこれまた絶品!
秋の味覚満喫です。

タックル
【アジ&メバル】
ロッド  :ピンウィールPWGS-90
リール :ステラ2500S
ライン  :PE0.4号
ルアー :YURAMEKI、IKAKKOなど



TOP