TOPFIELD REPORTクラブミーティング

クラブミーティング

高木 孝  

 駿河湾西部から遠州灘東部をメインにルアーフィッシングを楽しんでいるチームBOMB(ボム)
 餌釣り、アユの友釣り、そして渓流まで色んな釣りを楽しみ、居住地も年齢も様々なのだが同じソルトルアーを楽しむ仲間として私もお世話になっているクラブで、釣りをしていなかったら知り合うことの出来なかった他地域の方達との出会いをとても嬉しく思っている。
 毎年何回かは集まり情報交換しているのだが、5月下旬、釣り大会(0時から9時)を兼ねた春のバーベキュー大会を楽しんだ。
 遠浅サーフの遠州灘で、余程荒れた状況でなければ私が初めにキャストするのはテリフ120、流れをつかみやすく表層をスローに誘えるのが理由でルアーヘッドの形状からも分かるが、同じくスローな釣りで流れを意識した釣りのシンキングペンシルより流れの変化を感じやすい。シンキングペンシルは底まで沈める事ができるがテリフは海水域では超スローシンキングと言った感じだが、まずは表層からと考え最も信頼している。
 この日も月明かりに照らされた地形と波を見てテリフ120をキャスト、良い流れがある!と感じながらの3投目でロッドが曲った。

 釣れたのは50センチに満たないサイズだったが銀色に輝く魚体、綺麗な鰭はサーフシーバスならでは、ベイトフィッシュを活発に追っているのであろう、1か月前に釣れた同サイズより引きが強くサイズ以上に楽しませてくれ、嬉しい1匹となった。

開始早々のヒットだっただけに期待したのだが、その後は同行した仲間のトビウオのみ、沖からの良い潮が入りトビウオが寄っているだけに粘ってみようとも考えたが潮位が上がりブレイクラインが遠のいたため次のポイントへ・・・・。

   風や波、潮位などを考えて移動しながら魚を探していくのが私のスタイル、広い遠州灘を右往左往しながら1匹を釣るためにサーフを歩きまわる。サーフゲーム好きなら私と同じ考えの方も多いのではないだろうか?数日前に降った雨の影響を避け水質の良いエリアで同行者のタイドミノーSLD145にヒットしたのは40センチクラスとサイズは思い通りといかなかったが、狙ったポイントで手にしただけに価値ある1匹。水をしっかり掴み足元の駆け上がりまでリトリーブしてヒットに導いた。

 結局、強い東の風に悩まされ釣り大会は終了、クラブ恒例となったゴミ拾いでは、釣り人が出したゴミだけではないと信じながら手分けして短時間で用意したゴミ袋が足りなくなるほど拾い集め、楽しみにしていたバーベキューでの焼きそばを食べ、仲間と談笑、体力的には限界と言った感じだが充実した休日となった。

 水温も上がり初め、生命感が現れてきたサーフ。駿河湾西部は状況が悪いようだが遠州灘は人が溢れ多くの釣果が聞かれている、シーバス、、マゴチ、ヒラメに青物と季節の変化を楽しんでみたい。

 秋はメンバーだけでなく同じ地域で遊んでいる方達を含めてイベントを開ければと考えている、口は悪いが気さくな方たちばかりなので気軽に声を掛けて頂きたい。

ロッド  ウエダ10ft
リール NEWセルテート3000
ルアー テリフ120
     タイドミノーSLD145

 
 

 


TOP