TOPFIELD REPORT若者とともに

若者とともに

TAKU  


 威勢のいい声が飛び交う朝の串本漁港、どうやら本日はカツオの水揚げが多く、特に活気があるようです。
今晩の肴に一匹買って帰ろう。

 

今回はパートナーがいまして、名前は"RYO″(最近旬な名前です)
串本出身の彼、小さい頃から海というフィールドが遊び場で、そこから培われた感性は、すばらしいものを持っており、控えめながらグッドサイズのヒラスズキを数多くキャッチしている若手アングラーです。そんなRYOとの久々の釣り、今回はどのような釣りを見せてくれるのか楽しみです。


 

実は二人で釣りをする前日、カタクチイワシの接岸があり、磯はかなり賑わったようですが、一夜明けた翌日は「つわものどもがゆめのあと・・・」まあ良くあるパターンです。
そんな中、少しの変化を感じた彼のロッドか綺麗な功を描きま



 

ベイトを沢山捕食しているのでしょう、体高のあるメジロ。
上手に釣ります。(私ノーバイト継続中)


フィッシュイーターはカタクチイワシと一緒に移動してしまったのか、一向に反応がないのでエリアを大きく移動したところ、RYOの投げたプレスベイトにグッドサイズのヒラスズキがバイト!しかし、その魚は二度と姿を見せません・・・。続いて、ラインのタルミを取るため足元へ投げたルアーに、不意打ちのバイト!本人いわく「こんなところから・・・」と悔やんでおりましたが、直ぐに小型ながらヒラスズキをキャッチしていました。

 

まあ、ファーストアプローチがいかに大事かということですが、私も気を付けよ(汗)

で、私はというと、2バイトで小さいのを1キャッチ。



 

しかし、今回はヒラスズキを磯にズリ上げる際、ポロポロと何度も落とす始末。

人のこと、とやかく言う資格はございません(汗)

取り合えず、ランディングネット見てこよう!

タッ クル
ロッド :ブルービジョン110H-hiraSP
リール :ステラSW5000XG
ライン :PE2.0号
リーダー:ナイロン50lb
  ルアー :プレスベイト115HD、ラフトレイル130S、タイドミノースリム175フライ   ヤー、アンリパ GIG

 


TOP