DESIGNER

  • チーフデザイナー
  • MASAHIRO ADACHI安達政弘

ALL LIST

コピー製品学 第四章 (完)2012.08.26

お疲れ様です!

台風15号・・・最大級の勢力らしいですが沖縄地方大丈夫でしょうか?

ここ数年、嫌と言うほど自然災害に見舞われている日本ですが

いい加減勘弁して欲しいモノです(泣)

それらも朝鮮方面の方々にい言わせれば全て 天罰 なのでしょうが・・・

・・・

コピー製品学 第四章 (完)

これまで前記事3回に渡り書かせて頂きましたが 

↓↓↓ 過去記事

第一章  http://www.duo-inc.co.jp/staffblog/designer/2012/02/post-130.php
コピー製品が無くならないのは 買うヤツがいるから・・・中国企業が悪いだけではなく・・・

第二章  http://www.duo-inc.co.jp/staffblog/designer/2012/03/post-131.php
なぜ中国にはコピー製品を作る工場が沢山あるのか?それは・・国策での産業誘致と同族企業・・・

第三章   http://www.duo-inc.co.jp/staffblog/designer/2012/08/post-136.php
なぜ同族企業が多いのか?そしてなぜルアー工場がたくさんあるのか?・・・

最終章である今回、

世界のコピー工場と言われる中国の土壌を知って頂いた上で、

改めてなぜ多くのコピー商品が作られ、無くならないか?

書きたいと思います。

・・・・

3章で書きましたが、日本を始め、多くの外資の影響と、同族会社が多い環境のおかげ?で

多くのルアー工場が中国に出来た訳なのですが、

日本にも大分減ったとはいえ、数十社のルアー製造工場があります。兼業も含めて。。

そしてその多くは露骨なフルコピーをやりません。

 パクリはありますが・・・

 

・・・

勿論、国民性もあるかもしれませんが、

1番の理由は

業界が狭く、製造、販売元、誰が主導しているかなどの情報がすぐにバレる、

又、日本国内で販売したら訴えられるが、かといって海外に販売するチカラはない

要するにやりたくてもやれない(笑)

このような理由だと思われます。

では中国は・・・

正直、日本メーカールアーのフルコピー製品は世界中で山ほど見ますが、

それらの工場、販売元を見つけるのは慣れないと大変で、

しかも、製造側に罪悪感など微塵もありませんし、

逆に良心的な?ケースとしては、製造工場側がコピーと知らずに作っているケースもあります。

で、何度も書きますが、

   コピー製品は作るヤツも悪いのですが、買うヤツも悪い・・

そして何より・・

   作らせるヤツが悪いのです。

ある意味1番の悪と思います。

では誰が作らせているのか・・・

日本製ルアーのフルコピー品の場合で、

自主的にフルコピー製品を作る中国企業を除き(少数派)

作らせているのは

日本のメーカー、日韓の商社、韓国企業  
*勿論全てではないですよ!

が多いです!

中国は、ここ数年ルアーも流行って?きていますし、このネット社会において、

日本でどのようなルアーが売られているのか?

又、都会部では日本製又は日本ブランドのルアーを入手する事も容易です。

ただ、ルアー文化がまだ赤ちゃんであるが故に、

何が売れているのか?何をコピーしてよいのか?

そういった情報の大半は日本や韓国から流れています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、DUO社のベイルーフVシリーズ・・

10年くらい前?にリリースされたソリッドバイブなのですが、
http://www.duo-inc.co.jp/saltwater/bay-ruf/bay-ruf-v-75/

確認されたのは6,7年前で、今では複数の工場でフルコピーされています。

なぜVシリーズがコピー対象としてチョイスされたのか?理由はわかりませんが、

国内定価で¥1000の低価格帯商品・・

確かに累計で数十万個?は売っているとはいえ、

他にコピーする機種沢山有るだろうに・・・ウロコが無かったからコピりやすかったのかな?(笑)

・・・

要するに知らないのです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、話戻りますが、

作らせるヤツ (日本のメーカー、日韓の商社、韓国企業など) が

どのような経緯でコピーを作らせるのか?

 1、怠慢型
   ・日本国内で売れている製品を 「サンプル」 として持っていく。
   ・打ち合わせを (ココを変えてね!的な事くらいは言う) 適当に済ませ、KTVにくり出す(買)
   ・後日、 「サンプル」 そっくりのサンプルが届く!勿論かなりの劣化版^^
   ・これじゃコピーになっちゃうから金型代も払えないし、製品も買い取らない!
   ・工場は困り果て、日本を含む海外に売る
   ・コピー製品が増える

 2,自爆型
   ・日本メーカーが真面目にオリジナルデザインの製品を中国で作る。
   ・3章でも書いたように、何らかのトラブルで工場を移らざるをえない状況に追い込まれる。
    又は仕上がった品質が悪いということで撤収する。
   ・修正を重ねたガタガタの金型はどうせ新工場で使えない?から置いていく。
     *金型代金不要ということで、支払って無く、持って行けない場合もあり。
   ・元の工場が残った金型で生産し、日本を含む海外に売る
   ・コピー製品が増える

 3,朝鮮型
   ・日本のメジャーメーカーが独自又は商社を通じてオリジナル商品を韓国に輸出、販売する。
   ・日本が嫌いなワリに日本製ルアーは大人気?なのでそれなりに売れる(日本の1/10程度の市場)
   ・こりゃ良いぞ、韓国で意匠登録されていないからフルコピーしても問題なしだ!と、いうことで
    中国で生産させる。日本人が技術指導した工場沢山有るし^^ 楽勝ニダ!
   ・コピー製品が増える。
   ・ついでに商標も取得する・・・被害メーカー数知れず・・

 4、モラル型
   ・日本メーカーが真面目にオリジナルデザインの製品を中国で作る
   ・ハイエナ系の商社がルアーの仕入れで工場を視察する。又は紹介されてくる。
   ・程度の低い商社はコレを売ってくれますか?と聞く。
   ・工場サイド・・・まさかのOK! 弟の工場で作らせますよ!などの偽装くらいはする場合有り。
   ・コピー製品が増える。

大体こんな感じの流れが多いようです。
注;代表的な例です!例えの書き順は、悪質度、実績とは関係ありません。

・・・

勿論・・

当事者、被害者、関係者の中には異論もあるかと思いますが、

全面的に反論出来る関係者はいないと思われます(笑)

・・・

ちなみに、DUO社のオリジナル製品も十数機種のフルコピーが確認されています。

ただし、コレは少ない方ですし、コピーされた時期も他社のコピー速度と比べると

だいぶ遅いです。

・・・

理由は国内で派手に宣伝しないってのもあるかと思いますが、

何より

韓国に売らなかったのと、中国で生産しなかった事^^

そしてこれからも(笑)

 

DUO 安達

 PS、よくコピーとパクリを混同されますが、本記事はコピーの話です。

Return to page top

FIELD REPORT