REAL be BITE

自然豊かな宮崎のフィールドでヒラメ、ヒラスズキ、シーバス、ときにはネイティブトラウトなど四季を感じながら釣りを楽しんでいます。

  • MAKOTO MORIKAWA森川 誠
  • 宮崎県在住/宮崎の磯、サーフ、渓流を愛し、ドラマチックな1尾に出会うために日々フィールドに立つ、スーパーロコアングラー。

RSS

ALL LIST

迷っても正解!!2017.06.14

お疲れ様です!
私の住む宮崎は気温が夏モードに近づいており、デイゲームも朝・夕マズメじゃないと体力的に厳しいです。そんな、朝・夕マズメにどこに行って楽しむか??

1 磯に行き平スズキ
2 サーフに行き青物&ヒラメ
3 河川内で何か探る

といった選択肢が有りますが、サラリーマンアングラーとしては、狙った潮に行けない事が多々多く、限られた時間での釣行が中心になってきます。そんな時にお手軽に出来るのが、河川内をTOPプラグで手早く探る釣りになっちゃうんです!

19105725_1499606390157081_2156377755850862616_n.jpg
私が河川内で頻繁に使用するのが、レアリス ペンシル85です。過去のブログで釣果は紹介しています様に、とにかく釣れちゃうルアーなんです。
では、今回はどの様に操作してからの釣果に繋がったかを難しくない様にサクッと紹介します。

私の年間の釣行中で一番投げているルアーがTOPプラグでありまして、何故か言うと、『バイとする瞬間が丸見えで、ドキドキするから!』が一番の理由です。バイトの瞬間は呼吸が一瞬とまり、心臓バクバクはもう病み付きになっちゃうんですよね(笑)


19105706_1499606200157100_7764728792645441427_n.jpg
肝心の操作の仕方なんですが、広範囲をサーチするのでワンテンポで探っていくと効率がわるいです。目安として一秒間にルアーが左右に一回づつ、頭を振るのをベースにしています。また、TOPプラグを操作する時に注意している事とし下記の事に気お付けています。

1 ワンテンポではなく巻きスピードは変化を加える
2 ヘッドの振り幅に変化を加える
3 UPキャスト・DWONキャスト両方向試す
4 足元までしっかり巻いて来る
5 カラーは早めにローテーションする

ざっとこんな感じでしょうか。皆さんのフィールドとは違いがありますが、上記のパターンを組み合わせれば、必ず何らかの反応は有ります。
逆に言うと、動かし方に正解はありません!『迷っても正解』なんです。反応があったパターンが正解だからです。

DSCN1925.JPG
何かクワクしてきたでしょ?!
さあぁ、TOPプラグを準備し早速フィールドへ出掛けませんか!!魚のサイズに関わらずバイトが得られれば、必ず虜になるのは間違いありませんので、レアリスペンシル85で良きフィッシングライフを!!

Return to page top