果報は寝て待て!

ビーチウォーカーブランドのコラボレーションモデルに纏わる四方山話を中心に、ヒラメ狙い役立つ様々な製品情報や各地のホットニュースをお届けしていきます。

  • MITUYA HOTTA堀田 光哉
  • 静岡県在住/様々なメディアで活躍するご存知『ホッティー』の愛称で親しまれる元祖ヒラメハンター。

RSS

ALL LIST

ファルクラム実釣レポートin遠州灘2013.11.12

みなさま、こんにちは。堀田光哉です。
各方面から好調の頼りが届く遠州灘。
来年発売予定の新作DVDの撮影を兼ね、11月初旬に東方面のサーフへ行って参りました。

朝まずめは激混状態だったので、あえてポイントを外して入釣。
肝心の朝まずめは不発でしたが、遅い時間にヒットがありました。
まずは赤金のアクシオンでレギュラーサイズ。
干潮時の瀬の肩を狙ったら一撃でした。干潮で水深が浅いポイントではアクシオンが有効ですね。
ボクのなかでは低潮位のアクシオン、高潮位のファルクラムです。

DSCN0876.JPG

 


その後、下げ潮に転じるのを待ち、数時間後に再開。
今度は潮位が高い状態なので、レンジキープ性能に優れたファルクラムを投入です!
ブレイクラインを狙ってランガンしていると、すぐにソゲの大人サイズが登場。

DSCN0839.JPG

潮色がにごっていたため、カラーをヒラメピンクにして進んだところでヒットしたのはイナダ。
口の横にフッキングしたため、サイズ以上に良く引き、楽しませてもらいました(笑)
ファルクラムはイナダ等の青物にも有効なんですね。

IMG_2335.jpg

 

そして最後に登場したのがコイツ。
ボトムまでフォールさせてからの、スローリトリーブに反応しました。
別に難しいことはしていません。時間は午後3時半。
赤金のファルクラムにチェンジしてのヒットでした。

ファルクラムは飛んで、沈んで、よく動くため、
誰が使ってもヒラメを引っぱり出せるのが素敵ですね。

このときの一部始終は全部撮影されており、新作DVDにしっかり収録する予定です。
ちなみに新作DVDは、あのシリーズの続編ではありません。
こちらもお楽しみに!

IMG_2314.jpg

 

Return to page top

FIELD REPORT