モヒカン武が行く!

愚直な漢モヒカンが綴るバス日記。ユーザー目線でストレートな製品インプレッションを中心に、バスフィッシングの楽しさをお届けします。

  • KEI TAKEHISA武久 圭
  • 名古屋市在住/トーナメント参戦、琵琶湖ガイドを経て、今では手長海老からマグロまで幅広くこなすも、やはりバスは特別な存在。モヒカン武の愛称で親しまれるマルチアングラー。

RSS

ALL LIST

GWプレッシャーが抜けた高山ダム!!2017.05.09

大型連休も終わり 現実の世界に戻りため息をついては楽しかった釣行の余韻に浸っている頃とお察しいたします!!

モヒカンこの連休中は仕事でしたので皆さんとは違ったタイミングでのお休みでして 先日 奈良県と三重県境にあります高山ダムへ行って参りました!!

半年振りの高山ダム 着いてビックリな高い水位と浮草で出来たマットで辺りは打ち上げられた浮草から発生する匂いも強烈でした(;´Д`)

水温も21~23℃ アフタースポーンの回復狙いに的を定め スロープからフィーディングポイントが多い上流へ向かい船を走らせました。

昨夜まで吹いていた風の影響で出来た浮草マット側のショアラインを定番となったジャークベイト100Fと鬼鱒とカンビオスピンでサーチ

湾奥の殆どがこの浮草マットで覆われフロッグでもバスに認知させることは難しいくらいの厚さ

丁度 テーマをアフター回復と決めての釣行なのでスッパリ切り捨てることが出来たので巻き中心の早い展開ができました。

メインベイトのチアユやオイカワやハス等が増水して冠水した植物の際をルートとした行動が直ぐに解り そのルートとリンクする倒木 ゴミ 等が+αなポイントの影側や 水のヨレがが出来やすい下流側を重点的にタダ巻きトレースすると 躊躇うことなく飛びついた来ましたよ!!

DSC_2204.JPG

放卵して凹んだお腹ではありますが回復に向けて食欲旺盛なママです。

DSC_2203.JPG

そして 同じ様なスポットからもグッドサイズが!!

DSC_2210.JPG

写真の水色の違いが解るかと思いますがエリアによっては濁ってるスポットもアリ こんな場所では強い波動と奇抜なカラーで視認性を上げてアピール 

DSC_2213.JPG

垂直岩盤では鬼鱒が真下から食い上げられました!

DSC_2208.JPG

この日一番の活躍者がジャークベイト110SP!!

100Fとは全く違う特徴で タダ巻きではなく強めの2ジャークで1~2秒ストップ

濁りの入ったエリアや水深のあるスポットで 音や波動で見つけてもらって 食うまでの時間を与えてやる事が重要!!

この1~2秒って間は 流しながらのテンポの速い釣りにはとても待ってられない間であるので ここぞ!!っと言う複合ポイントに巡り合った時だけの使い方が良いのかもしれません。

見慣れた風景も増水で全く別のフィールドに来たみたいでとても新鮮でした

また着いた時と帰る時と50CMは水位が下がってました こう言った状況からも その日 その時 の変化を知り対応できる能力が問われますが この難しくややこやしい所がバス釣りの楽しさの一つなんですよね!!

是非皆さんも自分だけの価値ある一匹を求めてレアリスと共にフィールドへ出掛けてみては如何ですか?

Return to page top