モヒカン武が行く!

愚直な漢モヒカンが綴るバス日記。ユーザー目線でストレートな製品インプレッションを中心に、バスフィッシングの楽しさをお届けします。

  • KEI TAKEHISA武久 圭
  • 名古屋市在住/トーナメント参戦、琵琶湖ガイドを経て、今では手長海老からマグロまで幅広くこなすも、やはりバスは特別な存在。モヒカン武の愛称で親しまれるマルチアングラー。

RSS

ALL LIST

勝てるルアー達!!2017.06.25

先日 釣り仲間に誘われて 京都の高山ダムで開催された 木津川漁協主催のバス釣り大会へ参加して参りました。

全国的にも漁協が主催のバス釣り大会とあって珍しく 非力ながらもこの会に協力出来ないかと模索しながらの参戦でした。

去年から始められたこの大会 回を重ねる度に参加される人数も増え認知され始めてきた模様です。

現在の高山ダムは空梅雨の影響もあって かなり水位が下がり駐車場からスロープで降りる距離がかなり遠く また減水の為トレーラーランチングが出来ず

ボートのセッティングに朝から渋滞していましたが モヒカンがいつもお世話になっている いなさ湖メンバーが今回は遠路遥々遠州から参加してくれていたので

駐車場で地組みしたボートを人海戦術でトレーラーに載せて【いなさ湖】方式で皆のランチングをサポート!

一時は何時にスタート出来るか不安でしたが一致団結したお陰で無事にスタート

FB_IMG_1497840601358.jpg

スロープ前はご覧の通り アオコの大量発生で行く手を阻んでいました(;´Д`) 

高山ダムは二つの漁協が管理しており 木津川漁協さんはダムサイト側の下流域が管轄

何度かこの高山ダムに訪れてはいますが下流域は未開拓の場所でしたので冒険はせずスタート地点周辺で勝負すると決めていました。

スタートと同時に殆どの方は全速力で上流を目指して行きました。

一番最初目に付いた スロープ前のこの湧き出し 静まり返ると魚探の映像にも目視でも大量のチアユが確認でき これは!!

FB_IMG_1497840609887.jpg

マッチザベイトのG-Fix80スピンベイトをチョイス 

時折起こるボイルに中々リンクさせられない(´;ω;`)

水深25mで着水して10カウント後に巻き始めると早々に30cmキーパーの3本リミットメイクに成功

それからこの湧き出しで起きる水流の澱みに溜まったアオコの際にトレースコースを変えてやると40cm代で総入れ替えできました

天候が曇りでローライトだったのであまりこのアオコシェードにパワーを感じなかったので移動を決意

DSC_2324.JPG

すると 30m底から10mフラットの大地を見つけ念入りに魚探を掛けると 目には見えない立ち木群 近くには スロープ前と同じ様な湧き出し

・・・これは!!

DSC_2335.JPG

G-Fix G87 20Aクランクをチョイス!!

この頃 風が吹き出して来たこともあったし潜航レンジを変える為にも キャスティングとドラッキングの使い分け

風下に向かっては船をドテラでドラッキング

風上に向かう時はキャスティング

これの繰り返しで45cm位ので三本総入れ替えに成功

DSC_2329.JPG

そして 残り一時間を切った頃 魚探のサイドスキャンに写った立ち木の上流側にキャストするとこの日最大のプリのビッグママをゲット!!

received_859158494242113.jpeg

1Kg秤しか持ち合わせて居なかったのと ルールには規定は無かったので4匹持ち帰り 帰着後に正確な検量をとゴソゴソしていると明らかに二番目にデカい奴が

ロケット脱走!!・・・・毎回何かやらかしますわ(;´Д`)

DSC_2342.JPG

結果は4600gでぶっちぎりの優勝!!

おまけに 2570gのビッグフィッシュ組合長賞まで頂きました。

状態としては 岩盤際や立ち木周辺にフライが居たりとアフター色が濃い感じ それでも時折見せるボイルの良型は回復系

減水による放水量の低下から殆ど流れは無く水質もかなり悪かった様に思います

一日観察して言えることは やはりカレント!!

放水量低下で流れが少ないから あの湧き出しで起きるカレントでチアユが遡上するみたいな光景を見る事が出来ました

今回釣れたポイントは全て この湧き出し周辺に絡む何かでした!!

いやぁ 久し振りの表彰台シビレましたわー!!

最後に主催してくださった木津川漁業組合様 参加者の皆様 関係者様 スポンサー様 この素晴しいフィールドでこの様な大会を開催してくださいましてありがとう御座いました。

今後もこの様な大会に参加し非力ではありますが協力して行きたいと思います!!

Return to page top