相羽純一のGrade A World

積み重ねてきた経験と卓越したテクニックをフィードバックさせ『Grade A』ブランドをプロデュース。製品に纏わる様々な情報をいち早くお届けします。

  • JUNICHI AIBA相羽 純一
  • 名古屋市在住/オカッパリを中心に純粋にバスフィッシングを楽しむための製品作りとともに、次世代の育成、環境改善活動にも注力していきます。

RSS

ALL LIST

アフタースポーンのレアリス・シャッド592013.05.12

 三重テレビの「ルアー合衆国」DUOチャンネル「LOCALITY STYLE

ロケが終わってからというもの仕事がどうも忙しくGW明けに釣りに行くことが出来はじめました。

久々の動画登場いかがでしたか?

これから、月に1度は「LOCALITY STYLE」の番組で季節を先取りしてロケを行っていきますので

どうぞ宜しくお願いします!

今回は5月メインになる「アフタースポーン」の状態のバスに有効な釣り方をちょいと書いていこう。

アフタースポーンは産卵後に体力を失ってしまったバス。

もうヘロヘロ〜〜って状態。

一生懸命、エサを捕食して夏に向けて必死に体力を回復する季節が5月・6月。

それに加え水温も徐々に上がり水の流れも釣果に影響してくる季節だね。

「LOCALITY STYLE」の大江川編でも説明したとおり

水通しの良いエリアは酸素量が豊富でエサの回遊率がよい。

産卵の体力を回復するには、もってこいのエリア。

そのエリアでアフタースポーンを効率よく狙えるのはバスの状態と季節感がマッチしているので

狙いやすいエリアの1つである。

川だとアウトサイドベンド、野池だとインレット周辺やアウトレット周辺。

先に述べたポイントこそがベイトフィッシュを補食しているバスと出会えるチャンスが高いポイント。

ポイントが分かれば後はルアーセレクト。

有効ルアーで言うとアフタースポーンの季節は定番は「ノーシンカー」が代名詞。

やはりノーシンカーは釣れる最大の武器だと思う。

が、スローな釣り方故に効率が悪くエリア展開が望めない

もう一つは「LOCALITY STYLE」の中や三重テレビルアー合衆国の中でも釣っている

レアリス・バイブレーション52や62に68と言ったバイブレーション

バイブレーションは私が思うにタイミングを選ぶ。

最高の条件は「」だ。

5月の雨はバイブレーションが釣れる。けど、日本の天気はほぼほぼ晴れ。

雨以外は朝・夕の風が吹いたウィンディーサイド

じゃ、日中はどんなハードベイトで狙うん??って疑問が出てくるはず。

だから、日中に釣果を出すアングラーはソフトワームがほとんど。

過去を思い起こしてもらえばきっとそうだろう。

だが、

私がトーナメンターをしていた頃のシークレットと言えば

アフタースポーン時期のプラッキング

 これは明かさなかったシークレット(これからはシークレットをドンドン公開していきますよ!)。

それは、サスペンドシャッドのアフタースポーンバスの攻略です。

理由は簡単。

中層で止められ、ストラクチャーに身を潜めているバスにアピールできるから。

ボトムやシンキングルアーじゃアピールは弱いよね。

しかも、先に述べた流れにも乗せてナチュラルドリフトも可能だし

トレブルフックの為フッキング率も良いところ。

プラグも止めておけばボディーから発する堅い波動もでないからナチュラルベイトになるし

 

サスペンドシャッドなら何でもよいと言うわけでもない。

キモは「弱波動」が出せるシャッドのみ。

それが、レアリス・シャッド59SRとMRなのだ。

 

IMG_1514.jpg

 波動が弱くないとアフターのバスがそっぽを向いてしまう。

DUOさんと契約する際、このレアリス・シャッド59シリーズを見たとき

プリスポーンにも効くけどアフタースポーンはもっと効果的やろ〜っと感じたほどだ。

4〜5Lbフロロカーボンラインでただ巻きして最大深度や潜らせたいレンジまで潜らせたらポーズ。

至って簡単な操作方法で、アフタースポーンの好む「弱波動」シャッドの釣りができてしまう。

川ならアウトサイドベンド周辺、野池ならインレットやアウトレット周辺、もしくは

風の当たる護岸沿いでチャンスが待っているぞ!

5月はある意味「弱波動」サスペンドシャッドがピッタリの季節。

まだまだみんながやっていないパターンを先取りしてみなさん試してみてね!

 

この写真は

 IMG_1370.jpg「LOCALITY STYLE」での非公開バス。

レアリス・シャッド59SRで!

 

 このバス君は

IMG_1492.jpg

 

GW明け仕事前に野池でインレット周辺でクルーズしていたアフタースポーン。

こいつもレアリス・シャッド59SR

流れに乗せてポーズでパクッ!

 

GW明けの大江川でもIMG_1501.jpg

動画ロケ時と変わらぬ弱波動シャッドでのイージーパターンは変わらず。

仕事仲間との大江川フィッシングをレアリス・シャッド59SRが楽しくしてくれた。

 

短時間で釣果を出してくれるから、気分良く仕事にも行けちゃいますね(笑)

 

またレアリス・シャッドでも過去のノウハウから有効なカラーやチューニングも

試しているのでお楽しみに!

 

IMG_1401.jpg

 

来年発売できることを願ってテストしていきます!

 

Return to page top

FIELD REPORT