Gの四方山話

レアリスG-Fixブランドをプロデュースする西島高志が、気になる製品のテスト状況やインプレッションをはじめ、琵琶湖湖北エリアの釣果やガイド状況などをレポートしていきます。

  • TAKASHI NISHIJIMA西島 高志
  • 岐阜県在住/ 琵琶湖・長浜を拠点にバスフィッシングガイド『GUEST ONE』を営むプロフェッショナルガイド。 長年の経験に裏付けされた独自の理論と感性で常に結果を残す。

RSS

ALL LIST

S字系ビッグベイト 鬼鱒の威力2017.08.07

皆さんこんにちは。

暑い日が続きますね・・・

琵琶湖長浜周辺の平均水温も30度となり厳しい展開を強いられています。

そんな中、私が最近自身ののブログでも頻繁に釣果情報をアップしているレアリス鬼鱒ゲストワンチューニングモデル

いろんな方にビッグベイトについてお話しを聞くと、、、

コレで釣れたら面白いだろな!

こんなでかいルアーで釣ってみたい!等、夢があるルアーのようです^^

私が最近このレアリス鬼鱒チューニングモデルを投げる時の考え方はそれとは違い普通のクランクやミノーを投げる時の考え方と全く同じで一つのパターンが成立しそうな時に必要なルアーとして釣れる気満々で投げます。

一つのパターンとはハスの存在を確認した時と普段毎日フィールドに立っていることから見えているハス待ちのバスの存在・・・

この状況の時はレアリス鬼鱒チューニングモデルが一番ハマり易いのです!

このチューニングモデルとは何ぞや?という話はもう少し先にお話しますがS字系ビッグベイトで釣ってみたい方には最高のルアーが登場しますのでご期待下さい^^

今回はここ最近釣れたビッグバスのほんの一例をご覧いただきたいと思います^^

realis_onimasu.jpg

63cm  4700gを頭にハスをしっかりと食べている腹パンのバスばかりが釣れています!!

o0480064113997233381.jpg

o0480064113997233380.jpg

o0480064113995292054.jpg

o0480064113987310289.jpg

o0480064113987310281.jpg

私の電話にも問い合わせが多くなっていますが今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

という事で今回はS字系ビッグベイト レアリス鬼鱒チューニングモデル釣果情報をお伝えしました。

それではまた琵琶湖でお会いしましょう^^

Return to page top