My Fishing Life

スタイルは「楽」が基本の、ハード好き。魚種豊富な和歌山の多彩釣り(ゲーム)を関西系のノリで紹介していきます。

  • TAKU
  • 大阪府在住/奇想天外な釣りを求め、日々フィールドを東奔西走する アクティブアングラー。 和歌山県南部をホームに活動中

RSS

ALL LIST

今年も主役!テトラワークス エビッコ2013.03.21

 春を感じる今日この頃、そろそろ春告魚であるメバルが浅場に入って来る頃かな?

 ライトゲームを楽しむためのテトラワークスシリーズ。それぞれに特長があり多彩なシチュエーションに対応できるようにアイテムが用意されているが、その中でも遊び心があり、しかもその実力、実績ともに十分な「エビッコ」は、昨年と変わらず今季も私のメバルゲームの主役である。

 エビッコは一応シンキングペンシルになるが、ウエイトとボディーバランスにより、沈下速度が極めてスローで、浮かず沈まず、またリトリーブの角度によっては水面直下を引き波をまとうよにトレース出来ることから、シャローエリアでの使用はもちろん、潮流に乗せて流す、一カ所に留めて漂わせる等々・・・「ちょっとひと工夫」が楽しめるのがエビッコの特長と言える。

 さて、久しぶりに訪れたゴロタ場、真冬とは違い水面付近まで藻が群生し普通では釣りをするのは困難な状態である。しかし、そんなやり難い場所だけに魚のストック量も多く、潮位の見極めと、主役のエビッコ、そして長めのメバルロッドがあれば短時間の地合だがすぐに結果がだせる。
 

問題は水面と藻までの距離がないこと、油断するとすぐに藻に絡んでしまう・・・

 ちょっと違うのくる。
 ロングロッドを進めるのは、リトリーブ時できるだけ角度を付けて水面直下をトレース出来ること、そしてヒット後レングスを生かして強引に浮かせるためで、少々メバルゲームらしくない・・・

 ルアーフィッシングは、色、形、大きさなど、それぞれ違ったもので釣ることも楽しみの1つであるが、同じものを使い続けて新しい発見を見つける、そんなのもまた1つの楽しみでは。

【タックル】? 
ロッド  ピンウィルPKGS-90? 
リール  10ステラ2500S? 
ライン  PE0.4号? 
リーダー フロロ6ib? 
ルアー  テトラワークス エビッコ

Return to page top

FIELD REPORT