乱狂スタイル

福井・九頭竜川水系をメインにリバーゲームのコアを追及したレポートを紹介していきます。

  • MASAMITSU OOHIRA大平 正満
  • 越前市在住/team福井乱狂研究所 所属。
    地元九頭竜川をはじめ荒磯・越前海岸、時には神秘なる地・奥琵琶湖などで熱きフィッシングを展開。思い弾み心乱れ狂うようなターゲットを追い求めるアクティブアングラー。

RSS

ALL LIST

梅雨明け知らず!?2017.07.28

皆さんお疲れ様です。

 

各地で梅雨明けとなり真夏の日差しが照りつける毎日。毎日猛暑日にてヘトヘトとなっております。


こんな天気のいい日々ですがここ北陸福井は未だ梅雨明けとはならず・・・気長に待ちたいと思います。

 

そんな梅雨シーズンですが適度な降雨もありリバーでは増水するタイミングで爆発傾向。そこでDUOルアーではいろんなシチュエーションにて大活躍となっております。




まずはデイゲームにて

 

OI000010.jpg 

ペンシルポッパー110

ベイトが跳ね回るライズ中でも静けさ広がる中で流れのヨレや急流域から緩流域の変化場などいろんなところで活躍。

今年はベイトの動向が遅れぎみでしたが7月からはイナッコの群れをあちこちで見かけるようになり条件が整えば大量ボイルに遭遇することも。

アクションは素早くDWさせたりポーズを入れたりその日その時その状況に一番反応があるアクションを探し出す楽しさもあります。




OI000007.jpg

 






OI001048.jpg
マニック フィッシュ

間違いなくこのルアーアクションにしか反応しない時があります。キレの88、存在感の99といった使い分けもできるようになりさらなる引出ができたのがうれしいところです。

誘い方はお馴染みの表層キビキビアクション。着水後ロッドティップを縦に細かく動かしながら表層を逃げ惑うベイトフィッシュのようにアクションさせるのがコツです。

ボイル発見時には是非とも試していただきたと思います。








OI001085.jpg
レアリス ジャークベイト120SP

 

OI001082.jpg


DUOバスフィッシングブランドのジャークベイト120SPですがシーバスにも大活躍。文字通りSPということでサスペンドモデル。インレットやストラクチャーなどおいしいポイントにて止めて口を使わせるパターンに強し!僕の中で初夏には外せないルアーですね。




そして最近面白い釣果を叩き出しているのが、



OI000020.jpg
テリフDC-9


使うエリアは流れのヨレ、水路の合流点、などのポイントにベイトの存在が加わればなおヨシ!ということで使い方はルアーのアクションが破綻しない程度でのリーリングジャーク。

要するにリール一回転を素早く巻きポーズ。その繰り返しにてのリアクションバイトを誘う的なアクションです。


OI000021.jpg

タダ巻きやスロー、早巻では口を使わなかったシーバスでしたがこのアクションで連チャンバイトに持ち込むことができました。




まだまだ楽しめる夏のフィッシング。皆さんもDUOルアーを握りしめチャレンジしてみてください(^^)♪




OI00006d.jpg

次回は夏のナイト編をご紹介したいと思います。




では皆さん良きフィッシングライフを(^^)♪

Return to page top